手を動かすこと

手を動かすこと

特に考えていても何も思い浮かばない時はとりあえず手を動かすと
いいのかもしれないですね。これは小学校の時に一番嫌いだった
読書感想文を終わらせる時に思いついた方法なのですがとりあえず
めちゃくちゃでもいいので何かを書き始めると必死に言葉を繋ごうと
して次々に文章が書けるようになったという経験が元になっています。
とにかく書き進めているとなんとか原稿用紙を埋めることができるので
とりあえずはそれでOKなのです。それで、その日ではなく何日か経った
後にその時に書いた文章を読み直してみるともう段落とかめちゃくちゃに
なっているのでそれを普通に読めるように訂正しながら進めていくと
なんとなくそれっぽい感想文になったりします。なのでまずは手を動かすと
結構いい結果が得られるのではないかなと思いますね。もちろんそうやって
書いた文というのは賞なんかには選ばれないわけなのですが宿題を早く
終わらせるという目的は達成できるのです。それにしても昔は本当に
読書感想文が苦手でしたね。